arvideo.png

2018.03-05 / UX・UX・UI・BRANDING

 

アメリカのティーンに向けたARビデオ電話アプリGraffityのUI/UXを担当させていただきました。Graffityでは友人とリアルタイムにARの3D空間にお絵描きのチャットができます。
App store:ARビデオチャットGRAFFITY

 
graffity_realtimevideo_2.png

My Role

 

2018年3月にアメリカの若年層向けにARコミュケーションアプリを開発する6人のスタートアップ、Graffityのサービスの立ち上げに参画を決意しました。

唯一のデザイナーとしてUI/UX設計、ビデオプロトタイプ制作、ブランディングとデザインシステム設計を担当しました。

2018年の5月は1ヶ月間アメリカに滞在、現地の大学(UCLAとUSC)に赴き、50件以上のユーザーヒアリング、10件以上のユーザービリティーテスト、5件のシャドーイングを実施しました。プロダクトマーケットフィットを目指し、プロトタイプを5つ以上開発し仮説検証を繰り替しました。

現地のカルチャーに根付くプロダクトに仕上げるためにLAらしさを発掘すべく、現地で多くのスナップを撮影しました。キーカラーはLAの街並みからヒントを得ました。

 

 
graffity_color
 

ACCOMPLISHMENT

・USとJAPANのApp Storeで幾度と紹介されました
Producthuntで#2 Product of the Day
・マイナビのARアプリの特集で紹介:日常生活が便利に! 進化を続けるiPhoneのARアプリがすごい
・JWAVEで紹介:スマホアプリ「Graffity」がもたらす“新コミュニケーション”の形とは?

 
graffity_appstore_pickup